<< 世界で一番高い山はエベレスト、ではない | main | 缶詰にも旬がある >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


アリはどんな高さから落ちてもかすり傷ひとつ負わない

物体は重力に引っ張られ、落下する速度をどんどん上げていく。やがて下向きの重力と上向きの空気抵抗の力が釣り合い、一定の速度に達する。これを「終速度の法則」と言い、アリに当てはめた場合、落下点から約10cmのところとなる。それ以上は何メートルになろう速度が一定なので落下時に受ける衝撃は変わらない。また、アリは体全体を覆う外骨格により、落下の衝撃に対する十分な耐久性を持っている。よってアリはどんな高さから落としても死なない。
噛み砕いて言えば、重力と空気抵抗とが釣り合って一定の速さになるが、体重が軽いので大した速さになれず、その程度の速さの衝撃ではアリの外殻はびくともしないため。

ちなみにアリの10cmは人間に例えると約25mで、8階建てのビルの高さにあたる。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 22:51
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM