<< 5月が「さつき」と呼ばれるのは | main | 千葉県「習志野」市の地名の由来は、「篠原さんを見習え」。 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「地震 雷 火事 おやじ」の「おやじ」は、父親の「親父」ではない。

「地震 雷 火事 おやじ」は、怖いものの代表を並べた言葉。
この「おやじ」は「おおやまじ(大山嵐)」、つまり「台風」のこと。
明治時代頃に「台風」という言葉が作られる前は、台風のことを「山嵐(やまじ)」とか「野分(のわき)」と呼んでいたそうだ。
それが、口上で伝えられるうちに、ある意味「大山嵐」よりも怖く、知名度が圧倒的に高い「親父」という言葉が当てはめられて広まってしまったらしい。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 11:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM