<< 「地震 雷 火事 おやじ」の「おやじ」は、父親の「親父」ではない。 | main | 青森県には「太田光」という地名がある。 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


千葉県「習志野」市の地名の由来は、「篠原さんを見習え」。

明治6年(1873)4月、明治天皇を迎えて行われた陸軍大演習の際、全体指揮をとった篠原陸軍少将のめざましい活躍を天皇が称え、「篠原を見習うように」との御言葉があり、このことから「習篠原」が「習志野原」になり、明治6年5月13日に習志野と命名されたという説がある。

習志野の起源は、江戸時代にさかのぼる。
広大な平坦地ではあるが生活用水となりうる水源の乏しい下総台地は古くから牧として利用され、江戸幕府によって小金牧の一部(下野牧)として設置された。
明治維新の後、牧は東京から適度な距離にあることから陸軍の演習場としてしばしば使用されるようになり、特に騎兵隊のメッカとされる。戦後は、演習場のほとんどが新しく開墾されたり、学校の敷地に転用されたりした。
戦後は泥沼の「昭和の大合併」で、習志野演習場がまたがっていた四つの町(津田沼町、二宮町、大和田町、幕張町)のうち、津田沼町と幕張町の一部が習志野市となり、他は全て千葉市に合併された。

ちなみに、習志野市には「東習志野」という地名はあるが、「習志野」という地名はない。これは、習志野演習場の大半が所属していた旧二宮町が船橋市に合併されたため、「習志野」の地名は船橋市に属することとなった。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 12:26
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM