<< 成田山新勝寺では節分に「鬼は外」とは言わない | main | グリーンランドの名前の由来 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本の三大怨霊

菅原道真は、天神(雷神)と学問の神として太宰府天満宮(福岡県太宰府市)や北野天満宮(京都市上京区)に祭られている日本最大の怨霊。
道真は、血縁が生涯を左右するといっても過言ではない時代で中流の公家に生まれながら、醍醐天皇の父・宇多天皇に重用されて、右大臣に昇進し右大将を兼任、従二位まで昇進する。が、それを快く思わない藤原氏や他の貴族に謀られて大宰府に左遷され、子供四名も流刑にされた。
菅原道真の死後、京には異変が相次ぎ、醍醐天皇の皇子が次々に病死した。さらには朝議中の清涼殿が落雷を受け、朝廷要人に多くの死傷者が出た。これらが道真の祟りだと恐れた朝廷は、道真の罪を赦すと共に贈位を行い、子供たちも流罪を解かれ京に呼び返された。これにより、道真が天神(雷神)として祭られるようになる。さらに、真が生前優れた学者・詩人であったことから、後に天神は学問の神として信仰されるようになった。
なお、道真を祀る神社は、初めて天皇ではない人間が、天皇を祭る神社のみが付けられる「宮」の位を授けられている。

平将門は、築土神社(東京都千代田区)や神田明神(東京都千代田区)に祀られている。
桓武天皇の五代後の子孫。下総国、常陸国に広がった平氏一族の抗争に端を発し、関東諸国の国衙を襲い、印鑰を奪った事から朝廷から敵と見なされた。京都の朝廷に対抗して独自に天皇に即位し、新皇を名乗った。朝廷からの独立国建設を目指したが藤原秀郷、平貞盛らにより討伐された(承平天慶の乱)。


崇徳天皇は、白峯神宮(京都市上京区)
に祀られている。
保元の乱にて、鳥羽天皇との政権争いに破れて、讃岐国に流刑に処された。
崇徳天皇の死後、すぐに武士である平氏が権力を振るうがその間に大火事が起こり、末期には叛乱が相次ぎ、更には養和の飢饉が起こる。そして平家の都落ち後の木曾義仲による暴虐と、京には凶事が連続した。やがて源平争乱を経て鎌倉幕府が成立、承久の乱で後鳥羽上皇を流刑に処されると、朝廷ではいよいよ崇徳の祟りが起こったと恐れたと言う。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 00:16
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM