<< 日本の今上天皇(今の天皇)は、友人と銀座をぶらついて事件になったことがある | main | 乾杯でグラスを当てるのは悪魔をはらうため >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ランドセルの脇に付いている留め具は、元は手榴弾を引っ掛けるためにあった

ランドセルの横についている留め具と言えば、小学生などが給食袋や白衣などを引っ掛けているのを良く見かける
ランドセルは元々、軍隊で兵士が背中に背負っていた背嚢(はいのう)というリュックから派生したもの
両手が自由に使え、歩伏前進など移動の邪魔にならないので背嚢はとても重宝されていた
さて、昔の手榴弾は、今のような小さな樽型ではなく、20cmくらいの棒の先端にに円柱型の爆弾がついているタイプだった
背嚢に入れていてはいざ戦闘という時に使えないし、ポケットに入れておくには長すぎる
そこで、背嚢の脇に留め具を付け、そこに手榴弾を引っ掛け、戦闘ですぐに使えるようにしていたのだ
やがてこの背嚢の機能性が広まり、小学生用のランドセルなどに派生していった後も、昔の名残として残り続けています

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 11:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM