<< ビー玉の「ビー」とは | main | 日本刀対ウォーターカッター >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


呉越同舟の意味

さすがに「呉越同舟」の意味は分かりますよね?
「同じ船に仲の悪い呉の人と越の人が乗っていて、非常に仲の悪い様子」
つまり、非常に仲の悪い者同士を指す言葉で、類義語では「犬猿の仲」

残念ながら、違います

そもそもこの言葉は「孫子」の兵法書、第十一篇「九地」に由来している。

確かに「同じ船に仲の悪い呉の人と越の人が乗っていて、非常に仲が悪い様子」と記されているが、この話には続きがあるのだ。
要約すると「呉人と越人は互いにいがみ合っているが、偶然乗り合わせた舟が突風に遭ったなら舟がひっくり返されるのを防ごうとして、まるで左右の手のようにお互いに力を合わせて事にあたる」というものだ。 
そう、この故事、実は「いつもは憎みあっているもの同士が危機に直面したとき、団結して事にあたる」様子を表したものなのなのだ。つまり、普段に使っている「呉越同舟」という語は誤解されていたことになる。
映画や漫画でなどで、初めは敵同士だった人物が危機を乗り越えるにつれて親密になる、という場合がよくある。あれこそ本当の「呉越同舟」というべきなのだろう。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 00:18
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM