<< 日本刀対ウォーターカッター | main | エクレアの意味 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


伸るか反るか

 伸るか反るかとは成功するか失敗するか分からないが、運に任せて思いっきりやる時に使う言葉。主に勝負事に用いる。「乗るか反るか」は誤表記。
 伸るか反るかの「のる」は「長く伸びる」や「真っ直ぐ伸びる」意味で、「そる」は「後ろに曲がる」を意味する

 伸るか反るかの語源は、矢師の矢作りに由来する。
 矢師が矢を作る時「のため型」と呼ばれる竹の曲がりを直す物に入れ、竹を乾燥させる。
そこから取り出した竹が、真っ直ぐに伸びていたら矢として使えるが、少しでも曲がっていたら使い物にならず、捨てなければならなかった。
矢師が「のるかそるか(真っ直ぐ伸びるか曲がるか)」と、成否を気にしながら竹を取り出したことから「伸るか反るか」と言われるようになった。
また、物を賭けて勝負を決めることを「賭る(のる)」ということから、勝負的な意味合いも強まったといわれている。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 15:03
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM