<< 滅菌と殺菌の違いは? | main | 国歌「君が代」 >>

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


果物なのか野菜なのか

イチゴ、メロン、スイカ。食後のデザートとして王道を走る三品。実は、これら分類上では野菜の仲間に入る。
 農林水産省は「一年生草本類から収穫される果実は野菜。永年生作物などの樹木から収穫される果実は果物」と定義している。一年生草本とは、発芽してから花が咲くまでの期間が一年以内で、果実を収穫すると枯れてしまう作物のこと。永年生作物とは、何年間にも渡って栽培を繰り返し、枝や茎、幹が硬く木質化するものをいう。
 つまり、毎年収穫できる気になる植物は果物、それ以外は野菜とする訳だ。
 この分類によると、イチゴ、メロン、スイカなどは毎年種をまいて栽培するので、野菜ということになる。
 ちなみにクリ(栗)は果物らしい。

 ただし、イチゴに関しては「果実的野菜」として扱われている。農学的には、「イチゴはバラ科の多年生木本作物なので、毎年収穫が出来るので果物である」としているが、一般的には「イチゴは多年性木本植物だが、一度収穫を終えるとまた苗から植え直すのが通例だから」ということで野菜に分類されるらしい。
作る側からすれば野菜であり、食べる側と研究者から見れば果物、そして売る人から見るとどっちにもつかない流動的な青果物というところか。

ちなみに、タケノコは野菜ではないらしい。タケノコは竹なので木の分類に当たると思われるが、栽培されているのと自然に生えるものがあるので作物(栽培された植物)ではないと言える。作物ではない物は、フキ・ツクシ・ワラビなどの自然に生えている食用植物同様、山菜に該当する。つまり、野菜では無いことになる。

また、日本では野菜でも、イチゴはアメリカなどでは果物として扱われており、ヨーロッパの方ではトマトを果物として扱う国もあるのだとか。

スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • 23:10
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM