スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


千葉県「習志野」市の地名の由来は、「篠原さんを見習え」。

明治6年(1873)4月、明治天皇を迎えて行われた陸軍大演習の際、全体指揮をとった篠原陸軍少将のめざましい活躍を天皇が称え、「篠原を見習うように」との御言葉があり、このことから「習篠原」が「習志野原」になり、明治6年5月13日に習志野と命名されたという説がある。

習志野の起源は、江戸時代にさかのぼる。
広大な平坦地ではあるが生活用水となりうる水源の乏しい下総台地は古くから牧として利用され、江戸幕府によって小金牧の一部(下野牧)として設置された。
明治維新の後、牧は東京から適度な距離にあることから陸軍の演習場としてしばしば使用されるようになり、特に騎兵隊のメッカとされる。戦後は、演習場のほとんどが新しく開墾されたり、学校の敷地に転用されたりした。
戦後は泥沼の「昭和の大合併」で、習志野演習場がまたがっていた四つの町(津田沼町、二宮町、大和田町、幕張町)のうち、津田沼町と幕張町の一部が習志野市となり、他は全て千葉市に合併された。

ちなみに、習志野市には「東習志野」という地名はあるが、「習志野」という地名はない。これは、習志野演習場の大半が所属していた旧二宮町が船橋市に合併されたため、「習志野」の地名は船橋市に属することとなった。

「地震 雷 火事 おやじ」の「おやじ」は、父親の「親父」ではない。

「地震 雷 火事 おやじ」は、怖いものの代表を並べた言葉。
この「おやじ」は「おおやまじ(大山嵐)」、つまり「台風」のこと。
明治時代頃に「台風」という言葉が作られる前は、台風のことを「山嵐(やまじ)」とか「野分(のわき)」と呼んでいたそうだ。
それが、口上で伝えられるうちに、ある意味「大山嵐」よりも怖く、知名度が圧倒的に高い「親父」という言葉が当てはめられて広まってしまったらしい。

5月が「さつき」と呼ばれるのは

日本は元々農耕民族
古来から残るお祭りや名称、風習などは農業に関係していることが多い
さて、春が過ぎると農家は日本人の主食である稲の苗を植える
主に6月に田植えをしていたが、5月にやることもしばしば
5月と言っても旧暦の5月はまだ春半ばか終わるくらい
苗を植えるには少し早いので「さなえづき」(早苗月)と呼んでいたのが縮んで「さつき」と呼ばれるようになった

1円玉を製造するためには、約2円の製造コストがかかる。

素材はアルミニウム、重さ1g、直径20mm
表に描かれる図柄は若木だが、若木のデザインのモデルは特になく、特定のモデルがないからこそ却ってどの木にも通じる、という考え方であるようだ。
だが、硬貨には金属確保の目的もあり、万が一金属が不足した場合のストックの代わりともみなされている。
意外にも、一円玉は硬貨の中では最も製造枚数が多い。

原料となるアルミニウムの原価だけで1枚あたり0.7円程度かかっており、そこから1円玉として出来上がるまでに1枚あたり1.6〜1.8円程度のコストがかかっていると言われており、造れば造るほど赤字となっている。
しかし、一円硬貨の製造費用が額面を少々上回っていても、一円硬貨が流通することのメリットの方が大きいので、政府は一円硬貨を作るのだ。
ちなみに、硬貨には金属確保の目的もあり、万が一金属が不足した場合のストックの代わりともみなされている。

ちなみに、2001年(平成13年)製造の一円玉は、製造枚数が極端に少ないので、未使用であれば金券ショップなどで高値にて取引されている。

昭和33年3月3日に生まれた人は平成3年3月3日に33歳になった

計算してみよう

平成3年3月は西暦にすると1991年3月
昭和33年3月は西暦にすると1958年3月
1991−1958=33

よって、昭和33年3月に生まれた人は平成3年3月に33歳になった


鈴虫の鳴き声は電話では聞こえない

一般の電話・携帯電話・国際電話などすべての電話が通す音の周波数の範囲は300〜3400Hzであるのに対して、鈴虫の鳴き声は4000Hzなので電話では聞こえない。
鈴虫のほかにもコオロギの鳴き声の周波数は5000Hz以上、キリギリスの鳴き声は9500Hz以上なので電話では聞こえない。さらにセミの鳴き声・風鈴の音・イルカの鳴き声なども電話では聞こえない。

缶詰にも旬がある

作ったばかりの缶詰よりも多少寝かせて味を染み込ませた方が美味しいらしい

旨く食べられる時期
油付け・水煮 一年〜三年
シロップ漬け 半年〜四年

アリはどんな高さから落ちてもかすり傷ひとつ負わない

物体は重力に引っ張られ、落下する速度をどんどん上げていく。やがて下向きの重力と上向きの空気抵抗の力が釣り合い、一定の速度に達する。これを「終速度の法則」と言い、アリに当てはめた場合、落下点から約10cmのところとなる。それ以上は何メートルになろう速度が一定なので落下時に受ける衝撃は変わらない。また、アリは体全体を覆う外骨格により、落下の衝撃に対する十分な耐久性を持っている。よってアリはどんな高さから落としても死なない。
噛み砕いて言えば、重力と空気抵抗とが釣り合って一定の速さになるが、体重が軽いので大した速さになれず、その程度の速さの衝撃ではアリの外殻はびくともしないため。

ちなみにアリの10cmは人間に例えると約25mで、8階建てのビルの高さにあたる。

世界で一番高い山はエベレスト、ではない

世界で最も高い山はハワイのマウナケア山である。
マウナケア山は海底火山であるので、海面から顔を出している部分の高さは4260mであるが、水深は5000m以上あり、海水が全てなくなったとしたら標高10000mを超えるので、世界最大の山であるといえる。

各大陸の最高峰
世界最高峰 −マウナケア山−約10000m
ユーラシア最高峰、エベレスト−8,844m
北アメリカ最高峰、マッキンリー −6,194m
南アメリカ最高峰、アコンカグア −6,959m
アフリカ最高峰、キリマンジャロ −5,895m
オーストラリア最高峰、コジウスコ −2,228m
南極最高峰、ヴィンソン・マッシーフ −4,897m

番外
太陽系最高峰、オリンポス山 −約27,000m(火星)

駅弁のサンドウィッチの生みの親は黒田清隆。

ちなみに、この黒田清隆は駅弁のサンドウィッチの生みの親。黒田はハムの老舗、鎌倉ハム商会の創業者・富岡周蔵と親交が深く、外遊先で食べた(ハムをはさんだ)サンドウィッチの旨さが日本人に絶対に好まれる味だと周蔵に言った。これを機に大船駅でサンドウィッチを売り出して大成功を収めたのである。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM