スポンサーサイト

  • 2008.04.12 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2009年は秋にもゴールデンウィークがある

2009年9月19日は土曜日、20日は日曜日、21日は第三月曜で敬老の日、23日は秋分の日、前日の22日は祝日と祝日の間に挟まれた「国民の休日」になり、五日間の連休が生まれます。
ゴールデンウィークは昭和23年(1948年)に憲法記念日とこどもの日の2つの祝日が定められたことで4月29日から5月5日までの一週間に休日が集中することになり、この時期に映画館の入場者が倍増することから、映画関係者がゴールデンウィークと呼んだのが始まりとされています。なので、NHKでは「ゴールデンウィークという言葉は映画業界の宣伝になるという理由で「大型連休」と呼んでいます。

なお、それまでに祝日法が改正されたり、地球の動きが変わって秋分の日がずれた場合、暦は変わりますが、今まで計算が狂ったことは一度もないので、祝日法が改正されなければ2009年9月にはゴールデンウィークが来ることになります。

こんな感じに
月 火 水 木 金 土 日
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27

何をしても死なない虫がいる

学名は milnesium tardigradum 。日本名はクマムシ。
大きいもので体長約0.5ミリで、泳げないくせに水の中で生活する水棲動物です。草むらの苔や海岸の砂の中などに生息してます。
このクマムシ、ホントに死にません。120℃で2時間加熱しても、真空状態で長時間ほっといても、水をかければ復活。−195.8℃で冷却しても溶かせば復活。そのほか、放射線を浴びせたり、塩基(強アルカリ)性溶液の中につけても死なない。色々化学物質にも耐性があります。
しかし、地上最強の生命力…かと思いきや、寿命は半年しかないとか。

恐竜の鳴き声や色は適当に決めている

「ジュラシックパーク」でティラノサウルスや他の恐竜が鳴いたりする場面がありますが、大半の恐竜がどのようにして鳴いていたか未だにわかっていません。唯一例外として声が再現できるのは、パラサウロロフスと言う内部に空間のある頭骨の構造を持つ恐竜が、内部で空気を反響させることで声を再現できるという説があるだけです。
また、緑や茶、灰色など爬虫類をイメージした色が多い恐竜の色ですが、この皮膚の色は、それを決定づける科学的な根拠がないので適当に決めています。当然化石には皮膚は残らないからです。だから、図鑑などに描かれている恐竜の色は復元家やアーティストなど制作している人のセンスによって描かれています。

ティラノサウルスは走れなかった

ティラノサウルス・レックス (Tyrannosaurus rex)は、白亜紀後期(8500 - 6500万年前)に生存した肉食恐竜で、獣脚類の一種。
全恐竜の代名詞的存在である。通称はティーレックス(T-rex)、漢字表記は「暴君竜」。
体11〜15m、体重5〜6トン。二足歩行で、手の代わりに発達した強く大きな顎と精密に動く口が特徴の地上最大最強の肉食獣と言われた。

このことはアメリカ・カリフォルニア大学のジョン・ハッキンソンらの研究グループの分析結果から分かったもので、2002年2月28日に発行された科学情報誌「ネイチャー」に掲載されました。
骨格や筋肉の動きを研究し、動物が走るために必要な脚の伸縮筋の量を計算するモデルを作り分析したところ、ティラノサウルスが走ることは理論的にありえないことが分かりました。もう少し詳しく見てみると、ワニは体重の15.4%以上の筋肉が必要ですが実際には体重の7.2%しかなく、そのため走ることができません。また、鶏は体重の9.4%の筋肉が必要であるのに対し体重の17.6%あるので走ることができるんです。で、ティラノサウルスが走るためには86%の筋肉が必要なんですが、全身の86%を脚の筋肉が占めることはありえないため「ティラノサウルスは走れない」という結論になります。


また、ティラノサウルスは痛風持ちであったようです。痛風とは足の親指の付け根や足の関節に突然強い痛みを発する病気です。プリン体を多く含む食品の摂り過ぎによって体内に溜まる尿酸が原因です。
ティラノサウルスの痛風の原因は解明されていませんが「赤身肉と内臓肉の食べ過ぎ」という説があります。他にもトカゲや亀類、ワニ類、鳥類などは痛風になります。肉食というイメージが強いライオンは体内の機能が強くほとんど痛風にはなりません。

しかし、この筋力8割説には色々な疑問視もされており、個人的には「やっぱりティラノは走れた」とされることを祈っています。

カツオは釣り上げられた直後だけ縦縞が横縞に変わる

普段見ているカツオの縞模様は、生物学上「縦縞」と呼ばれていて、カツオが生命の危機を感じたときなど極度の興奮状態になったときだけこの縦縞が消え、背中の部分に横縞が現れる。海面に上がったときにはすでに横縞であり、しばらくすると横縞が消えるが、これは死を覚悟すると興奮状態が覚め、縦縞に戻るのではと考えられている。
海面に上がったときにしか見えないくらいなので、一般的にはほとんど目にすることができない。この横縞は人間でいうアレルギーやじんましんのようなものと考えられているが、回遊魚であるカツオは飼育が困難であるため研究が進んでおらず、詳しいことは解明されていないようだ。

肉食動物が肉だけ食べても平気なわけ

肉食動物は栄養バランスが偏らないのか?
ライオンやチーターなどの肉食動物は基本的に肉しか食わない。獲物が全く獲れず、子ライオンに草を噛んで与えているライオンもいるが、そういう非常時以外は無論肉しか食べない。では野菜を摂取しなくても肉食動物は栄養バランスを崩したりしないのだろうか。

ライオンやチーターが主に狩るのは、シマウマやトムソンガゼルなどの草食動物である。つまり彼らは草食動物の消化器官を食べることで、間接的に植物の栄養も摂取しているわけだ。実際に、肉食動物は仕留めた獲物の肉ではなく、消化器官から食べ始める。

人間でも同じようにすれば野菜を食べなくても生きていける。が、肉や消化器官を焼いてしまうと、野菜に含まれるビタミンなどが壊れてしまうので生で食べる必要がある。
実際に、昔のイヌイットなどの人々はこのようにして生きていた。

ナメクジに砂糖をかけても死ぬ

ナメクジに塩をかけると縮んでしまうのは、皆さんもご承知の通り。
そもそもナメクジに塩をかけると、なぜ縮むのだろうか?たまに「塩をかけると溶ける」という表現を聞くが、実際には溶けているわけではなく、ナメクジの水分が塩に吸い取られてしまっているのだ。体の殆どが水分のナメクジにとって、水分を奪われるのは死を意味する。
では塩以外を振りかけたらどうなるか。
基本的に、吸水性があればナメクジは縮みます。だから、砂糖でも片栗粉でもナメクジは退治できると言うわけです。
ただし。
塩は砂糖や片栗粉に比べると吸水性は二倍以上なので、ナメクジなどを退治するときの量が少なくてすみます。

齢は刻まれる

 樹木の年輪は、通常温帯から寒帯の木の断面に生じる同心円状の模様で、1年に1本の割合で増加する。輪状に見えるのは、暖かい時期は幹の成長が盛んで、寒い時期にはゆっくりになるためであり、色の濃い部分は細胞壁が密に、色の薄い部分は細胞壁が疎になっている。実際、冬のない熱帯雨林の木々には年輪がない。
動物にも夏と冬で樹木の年輪と同じような成長層ができ、年齢推定に利用されている。ウシなら角、アワビなら貝殻、クマなら歯、魚ならうろこや耳石、クジラなら耳垢で知ることができる。
 ちなみに、「樹木の年輪で幅が広いほうが北」というのは間違いである。
 例えば、山の傾斜に生えた木なら、普通は傾斜に負けないで重力に対して垂直に生えるものだ。そうした場合、当然傾斜の下側になるほうが早く太く成長しないとまっすぐ育たない。その結果、傾斜の下側の年輪の幅が広くなる。
 実際に、平地の樹木では年輪が一定のものも確認されている。
 もちろん、樹木の生える環境によりその条件は変わるだろうが、必ずしも「樹木の年輪で幅が広いほうが北」ということはないといえるのだ。

日本のモグラは富士山を境に二大勢力に分かれている

このことは「Mammal Study」という哺乳類学会誌の1996年版に分布図となって書かれています。
富士山より東がアズマモグラ、西がコウベモグラの生息地です。
数十万年前の現在の日本列島にあたる地域にはサドモグラやミズラモグラが生息していた。
その後氷河期に入り、現在の九州地方がユーラシア大陸とつながった時にアズマモグラが上陸し、サドモグラやミズラモグラを追い払い縄張りを広げていく。
しかし
遅れてコウベモグラが上陸。体力に勝るコウベモグラはアズマモグラを北へと追いやり始める
アズマモグラ危うし
このままではアズマモグラの縄張りがなくなってしまう
が、
土質が悪く、主食のミミズが少ない富士山麓の溶岩地帯や木曽川上流を体の大きなコウベモグラは超えることが出来ないでいる
体が小さいアズマモグラはトンネルも縄張りも小さくて済み、労力を節約できるため、同じように条件が悪い場所ならば、体が小さいアズマモグラのほうが適応力があり生息できのだ。
現在は
現在もコウベモグラはアズマモグラの縄張りを狙って軟らかい土が広がるルートを探すのに苦戦している状態
境界線にトンネル掘ってしまえば、コウベモグラの全国制覇は達成されるのかも

ウサギは一匹だけでいると寂しくて死ぬことはない

ウサギはもともと一匹一匹縄張りを持って生きている動物
なので、仲間がそばにいなくても全然大丈夫なのです

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM